ネット上での誹謗中傷

ネット上での誹謗中傷の類とは、大凡がソーシャルネットワークでのそれに当たります。つまりは一番起こり得る確率が多いと言うのが、自分以外の他者、つまりは不特定多数とのコミュニケーションが出来る場にて起こり得ると言う事になります。自分の生きたメッセージを他者も閲覧できると言う状況であり、しかも、そのメッセージにより、話題が話題を呼び、共感する物、非難するものが出てくる訳ですから起きる確率と言うものは想像するに値します。普通であれば、単に見過ごすような言葉があるとしますが、けれども、その単に見過ごすと言う言葉が誰かの神経を逆撫でするような事になれば、その簡単な言葉に、何処の誰かも分からない人物から、言葉の非難を浴びる事になります。そしてその非難をもし万が一、その他の不特定多数も共感を受けたとしたら、同じように非難をする訳です。それがだんだん膨らんでくると、もはや誹謗中傷以外の何物でもない状況になる訳です。

悩むネットの誹謗中傷

拘りたくないのだが、拘ってしまうと言うのがネットの誹謗中傷です。敢えて言ってしまえば、その状況から脱してしまえば住む事です。けれどもそれが中々出来ない状況下にあると言うのがネット上での悩みです。過去から継続しているウェブサイトであれば、あるほどに、何やらトラブルがあっても尚も続けたいと言うのが人の感情でもあります。別の言い方をすれば、こんなに一生懸命に自分の意見を公開し、そして今までしっかりと自分の意見に共感してくれたのに、いきなり、ふいと出た言葉で他人から遺憾であると言う言葉が飛び出した、それが今度は全く関係もない人からも同じような事を言われ、それが度を越えて、あなたのせいで、楽しいはずのコミュニケーションが台無しになってしまった等と言う展開にまで発展し、そのために金額の要求までと言う展開にまで急速に進行すると言うのが誹謗中傷の類です。

ネット誹謗中傷とはこれです。

インターネット上の誹謗中傷と言うのは、言葉、あるいは文章、またす画像などの掲載で、本人以外の他者が、その掲載された事実を閲覧し、万が一にでも、その掲載されたものが自分の意図するものと異なり、または、自分に対して否定された、若しくは非難された、反対されたと言う場合に、俗に言えば、仕返しと言う風に考えれば一番簡単に解釈が出来ます。但しネットの世界です。相手の顔も分からない状況、で、更に名前など全く知る由もない状況で、人を非難する訳です。今まで何も問題なく、普通にメッセージで遣り取りしていたものが、ある一つの言葉や文章が人の目に留まり、それに遺憾な意味を感じれば、ちょっとした遊び心だとしても、その言葉に同調した人物がいれば、その非難が更にエスカレートして集中します。つまりは、火のないところからいきなり、予想だにしない、非難の声が発信元に浴びせられると言う事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*