ネットによる誹謗中傷の対策について

ネットの普及が進んだことで気軽に情報を集めたり、全国各地に商品やサービスを宣伝することが可能になりましたが、匿名性を利用した誹謗中傷の被害も増加している傾向にあります。個人でブログやホームページを開設されている場合も応援コメント以外に誹謗中傷コメントが書かれるケースもありますので、過剰に反応しないことが被害を最小限に抑えるポイントです。あまりにも被害が大きい場合には、自分でコメントを削除するなどの対策を取ることも必要ですし、誹謗中傷対策を専門に行っている業者も増えておりますので、そういった業者に依頼して定期的に監視を行ってもらうのも効果的です。コメントを鵜呑みにして落ち込んでしまう方もいらっしゃるようですが、ネットと上手く付き合っていくためには気にしないことも非常に重要なポイントになりますので、覚えておいてください。

ネットの誹謗中傷を書かれた場合の対処の仕方

インターネットは、誰もが気軽に自分の意見を書き込むことができる便利な媒体ですが、それを利用して、個人の名前や住所などのプライバシーに関わる情報を出して誹謗中傷を行い、プライバシーの侵害や名誉棄損を行う問題が増えています。もしインターネットに誹謗中傷を書かれた場合は、書かれているサイトのURLや中傷の内容を持って、最寄りの警察署に相談しましょう。警察には、サイバー犯罪相談窓口が備わっています。そして誹謗中傷が書かれたサイトの管理者に連絡を取り、削除を要請しましょう。インターネットは情報が拡散しやすい媒体ですから、気付いたら早めに削除要請することが大事です。もし管理者が任意の削除に応じない場合には、裁判所で法的な手続きを取る必要があります。また投稿者が特定できた場合には民事でも刑事でも法的措置を取ることができますが、特定出来ない場合には投稿者を突き止める必要がありますので、書き込まれたサイトの管理者や接続プロバイダに発信者情報を開示する請求をする必要があります。

ネットでの誹謗中傷は禁止な理由

現代ではパソコンが普及し、誰でもインターネットが使える時代になりました。パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットが登場したことにより、自宅や室内だけでなく外出先や、または海の上でさえインターネットを24時間365日自由に使うことができます。日本国内だけでなく世界中ともつながることができますし、通信販売は通信学習などもでき、とても便利な世の中になりました。しかしそんな便利な反面を持ちつつ、やはり落とし穴もあります。匿名性が高く、いつ、どこで、誰が、どのデバイスから書き込んだかわからないため、簡単に誹謗中傷をする人が出てきています。一般人には誰が書いたかわからないですが、実は警察官などは追跡することができ、特定することもできます。インターネットの中だとしても現実世界と同じようにマナーを守らなければ、誰かを傷つけることになるので、誹謗中傷は決してやってはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*