心痛むネット誹謗中傷

全く水知らぬ相手からいきなり誹謗中傷の言葉を浴びせられると言うのがネット上での恐い体験の一つでもあります。言葉を送った側からしてみれば、単に、自分はこういう風に感じると言う自分なりのメッセージを送っただけのはず、なのだが、その言葉を捉えようにしてみれば、どうしてあなただけがそういう事を言える訳かその根拠が全く分からない、などと言う不特定多数からのメッセージがウェブサイトで持ちあがった途端に、その言葉、メッセージはそのウェブサイトの会員となっている人であれば、全員に公開される訳ですから、仮に非難される言葉や文章でなかろうが、ある人物がそれに反発して、攻撃の言葉を仕掛けると、どうしても、それに便乗する人と言うのが出てきます。ある意味では単なる傍観者がすきま時間の遊び心で、他人の集中砲火に付き合うと言う事にもなります。元々の言葉の発信者にとっては、意外なところからのないネット上での苛めとなります。

恐いネットの誹謗中傷

絶対に自分の言っている事は道徳に反していないと断固として自分の意見を正当化する人物にとってインターネットに於ける誹謗中傷と言うのは恐いものです。つまりは、ウェブサイトに於けるソーシャルネットワーク世界では、様々に悩みを抱えている方々の集合体でもあります。しかも、顔も名前も真実は分からない状況下で、言葉、メッセージでしか自分を表現出来ない場所です。そんな場所で、懸命に自分の意見を公開する訳です。悩み事があって困っているのに、回答に酷い攻撃するような教え方をされた場合でも、回答した個人としてはそれが正当だと感じていても、取る側としては自分が苛められていると感じて、今度は、回答者に対して何故そういう苛めるようなことを言うんですか、と言う言葉を投げかけると、その言葉に同調した第三者も同じように言葉を投げかける、そしてまた別の人も、と言うように、雪だるま式に増えると言うのが誹謗中傷の恐いところです。

ネットの誹謗中傷に対して

インターネットが普及する事で生活は更に便利になりました。使い方は様々で、買い物などを自宅に居ながら行う事が出来ますので、忙しい人にとってはとても便利です。またインターネットを介して不特定多数の人と交流を持つ事も可能です。顔も知らない人だからこそ話せる内容もありますので、ちょっとした悩み相談などもしやすい部分もあります。出会い系サイトなどでは、人と人との出会いを無限に広げてくれます。よい意味でも悪い意味でも無限に広がる世界だと言う事です。よいうわさも悪いうわさも、インターネットを使用して広げればあっという間です。中には誹謗中傷で、心を痛める人も存在します。利用する上で、最低限のマナーを持つ事がとても重要になります。インターネットの歴史はまだまだ浅く、これといった明確なルールも少ないので、利用者が自覚を持って利用する事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*